1. HOME
  2. メールマガジン バックナンバー
  3. 【No.24】豆の収穫(2)

株式会社 道の奥ファーム メールマガジン バックナンバー

【No.24】豆の収穫(2)

2011年12月05日(月)

先月、ようやく「秘伝豆」の刈り取りが終了しました。
コンバインでの収穫なので、面積は広くても一日で作業は終わってしまいます。

そして、年内最後の作業、いよいよ黒豆の乾燥豆の収穫が始まりました。
現在刈り取りを行っていますが、すべて手作業となるため、あと一週間くらいはかかりそうです。
遠野は雪が降るのが早いため、手早く収穫してハウスで乾燥を行わなければなりません。
そのあと「脱粒」(サヤから豆を外す作業)を行うのですが、この作業が粉じんが多くて大変!
社員はゴーグルをつけて作業をしていますが、一日終わると粉まみれになってしまいます。
その後、選別を行い、甘納豆や黒豆菓子へ加工し販売していきます。

黒豆も秘伝豆も、どこまで乾燥させるかが重要になります。
乾燥が不十分だとカビが生えたり、加工する際に良い商品が出来なかったりします。
黒豆はハウス内で十分に時間をかけて乾燥させますが、
秘伝豆は場所が足りないため、機械乾燥を行っています。

前回もお話ししましたが、ただ今「秘伝豆」を使った新商品の開発を検討しています。
早ければ1月中にはご紹介できると考えています。

話は変わりますが、先日「ひろしま夢ぷらざ」様にて試食販売をさせていただく機会に恵まれました。
広島の方に弊社の商品を買っていただけるのか不安でしたが、
6日間の販売で、かなりのお客様にご来店いただき、「東北がんばってね」とたくさん声をかけていただきました。
温かい励ましに、元気をもらいました。本当にありがとうございました。

そんな広島で人気のあった商品は、ずんだ餡・あまくろ・黒豆ポンの豆系のお菓子でした。
中でも「ずんだ餡」は即日完売で、追加注文しものも、届いたその日に再度完売の人気でした。
西の方でも「ずんだ好き」の方は多いのですね!

お店のスタッフの方もとても親切で、また今度声をかけていただければ是非行きたいと思います!