1. HOME
  2. メールマガジン バックナンバー
  3. 【No.17】温かい活動

株式会社 道の奥ファーム メールマガジン バックナンバー

【No.17】温かい活動

2011年05月11日(水)

この連休中に、神戸大学の学生さんやOBの方を含む神戸のNGOの皆さんが、
道の奥ファームの研修センターに宿泊されながら、
毎日、沿岸被災地へのボランティア活動を行っていらっしゃいました。

皆さん阪神大震災の経験者であったり、その時もボランティア活動をしていたという方など、
そういった過去の経験から今回ボランティアに参加している方が多くいらっしゃいました。
中には、現在海外に住んでいて、今回帰国して参加している方や、
ボランティアに参加する許可が出なかったので、退職して参加しているという方までいて、
とても有難いことだなと実感しました。

話を伺ってみると、前日まで2日連続で車中泊だったという方もいて、
道の奥ファームは宿泊場所を提供しただけなのですが、
大変感謝されてしまい、逆に恐縮してしまいました。
彼らのような純粋な心を持った青年たちが数多くいることを考えると、
日本はまだまだ大丈夫だと思わずにおれません。
がんばろう東北!!負けるな日本!!

さて、道の奥ファームの圃場は、連休中に枝豆の畑に肥料散布が終わり、
今月末の種まきにむけて、静かに時を待っています。

5月末からはいよいよ本格的に忙しくなります。
5月中ごろから、ジャガイモ、サツマイモの植付けが始まり、ニンジン、かぶ、カボチャと種まきが進み、
7月初めに白菜、大根などの種まきをして、一段落。
と思いきや、7月10日頃からブルーベリーの収穫・出荷が始まります。

ブルーベリーの出荷は8月10日頃に終了しますが、
お盆からは、ミニトマト、枝豆、いんげん、かぶなどの出荷が始まり、息つく暇がありません。
この戦争状態が10月いっぱいまで続きます。

今年は例年以上に良いもの、美味しいものを作り、皆様の食卓にお届けすることが
道の奥ファームの使命です。
それこそが私たちにできる復興への最大の足がかりになると信じて、
日々取り組んでいこうと思います。