1. HOME
  2. メールマガジン バックナンバー
  3. 【No.14】貴重な出会い(2)

株式会社 道の奥ファーム メールマガジン バックナンバー

【No.14】貴重な出会い(2)

2011年03月11日(金)

道の奥ファームの主要商品は、何といっても枝豆です。
枝豆を使った加工品作りの前段階として必要な「枝豆のサヤをむく」という
手間と時間がかかり、根気のいる作業を、<<あさあけの園>>さんにお願いしています。

施設では年々、委託される作業が減ってきているとのことで、
道の奥ファームがお願いする仕事は、「とても助かる」と感謝していただいています。
今年で二年目になりますが、作業効率も上がり、仕事もきちんとこなしていただいており、
逆にこちらが感謝したいくらいです。

作業用の枝豆の配達で、利用者の皆さんや職員さんにお会いする機会が多いですが、
みなさん、いつも素敵な笑顔で迎えてくれます。
その笑顔を見るたびに、「この仕事を委託してよかったなぁ」と実感します。

農業で成功するためには、”6次産業化”が必要不可欠だとよく言われます。
具体的には、直接お客様に売ること、加工品を作って売ることです。
その過程で、<<あさあけの園>>さんのような施設に加工をお願いすることで、
弊社にとっては加工賃が安くなり、施設の方は仕事が増えて収入につながり、
利用者の方の自立にもつながるため、お互いにメリットがあります。
今後もぜひ継続していきたいと考えています。

そんな<<あさあけの園>>さんで感動したことが一つ。
皮むき作業以外に、乾燥豆の選別を新たにお願いした時のこと。
豆を選別する時の基準を利用者の方に説明したのですが、私たちも慣れるまで時間がかかったので、大丈夫かなと思って次の日に様子を見に行くと、
施設利用者のお母さんたちがボランティアで参加されて、利用者の方と一緒に作業をしてくれていました。
所長いわく、「せっかく仕事を頂けたので、親御さんたちが
自主的に集まって協力してくれている」とのことでした。

いろんな方の善意と熱意が私たちの商品に詰め込まれているのだなと、改めて実感させていただきました。
少し大げさが言い方になりますが、私たちが商品開発をすることで、
ほんのわずかでも、世の中のためになれていれば素晴らしいと思います。
この仕事を継続して依頼できるよう、道の奥ファームはもっと大きくなりたいと思います。

多くの方に道の奥ファームの商品をお買い上げいただくことで、
間接的に誰かのために役立っているとすれば、とても素敵なことですよね。

<<あさあけの園>>の方によって丁寧に皮をむかれた豆は、
惣菜の原料になったり、ずんだ餡の原料になっています。