1. HOME
  2. メールマガジン バックナンバー
  3. 【No.6】黒豆栽培への挑戦 vol.3

株式会社 道の奥ファーム メールマガジン バックナンバー

【No.6】黒豆栽培への挑戦 vol.3

2010年12月10日(金)

岩手県遠野市で、初めて栽培された黒豆は、
枝豆としても、乾燥豆としても、実際に販売されることはありませんでした。
生産量が少なく、関係者の中だけで、「美味しいな」と、食べて終わるくらいの量だったこともありますが、
この豆を誰かに販売しようという考えが、その時点ではまだなかったということです。

この年、『遠野でもある程度、黒豆の生産ができる』という目途は立ちましたが、
来年度からどうしていくのか。さらに生産面積を増やして、本格的に取り組むのか否か。
大きな岐路に立たされました。

そして、T氏が出した結論は、”本気で農業に取り組む”という答えでした。

本気で取り組むのなら、遠野に農業生産法人を立ち上げて、
会社組織として、遠野に根を張った事業として取り組む。

そこで、T氏に「やってみないか?」と声を掛けていただいたことが、
現在、私が遠野に移り住むことになったきっかけでした。

話を聞いた時、とてもやりがいがあるなと思いました。
また、農業に関心を持っていたのも事実です。

ただ、当時は関西に住んでおり、四国・愛媛出身の自分が単身で岩手に移り住むことを考えると、
家族はどうするのか?など、多少の不安はぬぐえませんでした。

しかし、T氏から農業にかける思いや夢を直接伺うと、自分の中で「挑戦してみたい」という気持ちが、
むくむくと湧き起こってきました。

こうして、2006年9月に、株式会社道の奥ファームは、農業生産法人として、第一歩を踏み出したのです。