1. HOME
  2. 発芽玄米とは?~その1~

株式会社 道の奥ファーム 発芽玄米とは?

発芽玄米とは ~その1~

1.はじめに

玄米を少し発芽処理させた「発芽玄米」は、今までにない新しい食感・・・味わいのある食味と、確かな健康効果が期待できる新しい食素材です。それは、21世紀の主食に踊り出るかもしれない大きな可能性を秘めた夢のお米とも言えます。

健康で明るい社会、緑豊かな田園作りを目指し、現状ではほとんど知られていない「発芽玄米」で主食革命に発展させたいと考えています。

2.背景

生活様式の多様化が食生活を欧米化させ、利便性を求めたスタイルへと流行させるなど、食文化が劇的に変化し、正しい食生活によって取得されていた栄養のバランスを失わせました。このことは生活習慣病の要因としても取り上げられ、社会問題化しています。

一方では、消費者の健康に対する関心は一段と高まり、特に食生活における食べ物の健康効果が着目されてきました。医療業界においても、特に生活習慣病に起因する疾病を従来の治療から、自然治癒力を高めて回復を図る代替治療が注目され、日本においては栄養療法がその有効な手段として評価されはじめました。

このように、健康づくりにおける食の大切さは十分に理解しているが、利便性の高い生活様式と食生活が快適といった相反するニーズを反映して、機能成分の付加・高品質化などの差別化を図った食品の開発と供給が望まれています。

しかし、一般的に健康食品は、その内容物や成分がわかりにくく”あいまいな商品”と言われています。そして、健康食品を食する生活者も、自分がどのような栄養素が不足しているのか、どのような栄養素を補給したらよいのか・・・など、”あいまいな状態”で健康食品を食しているのか、という現状です。

3.発芽玄米とは発芽によって栄養価を高めた食品

私たち日本人が昔から主食としてきた米に、つい最近新しい可能性が見つかりました。
玄米をごくわずか発芽させると、玄米の栄養価がさらに高まり、しかも柔らかく美味しい玄米に生まれ変わります。

玄米は、収穫した稲から表面の硬いモミ殻だけを取り除いたもので、その小さな粒の中に私たちが生きるために欠かせない三大栄養素(糖質、脂質、たんぱく質)やビタミン、ミネラル(無機栄養素)が豊富にバランス良く含まれています。栄養が偏って起こる生活習慣病が増加している現代において実に貴重な食材と言えるでしょう。

しかし、その反面、玄米は外皮がついているために口当たりがザラザラして硬く、消化しにくく胃腸に負担がかかるという欠点があります。また、決して美味しいとは言えず、煮炊きする際に圧力釜を使わなければならないことから玄米は多くの人に敬遠されています。

一方、その玄米から糠(玄米を覆っている外皮と、そのすぐ内側にある澱粉層)や胚芽(将来芽になる部分)を取り除き、胚乳(発芽に必要なエネルギーとなるもの)だけにしたものが白米です。白米は、硬い外皮が取り除かれている分、玄米に比べて格段に食感が良く、美味しくて消化が良い上に電気炊飯器で手軽に炊けます。

しかし、栄養面では、白米は玄米の足元にも及びません。米の栄養成分は、糠や胚芽に集中しているため、それを取り除いた白米は単なる糖質(でんぷん)の塊にすぎないからです。

米は毎日食べる主食なので、玄米と白米のどちらかを選ぶことで将来健康に大きく跳ね返ってくるのは必至ですが、毎日食べるものだからこそ、味や食感にこだわりたい気持ちも良く分かります。

そこで、お勧めしたいのが「発芽玄米」です。発芽玄米は、玄米を一定の温度の水に浸けて0.5~1mmほど発芽させた状態の物を言い、その栄養価は玄米以上、しかも白米のような柔らかさと美味しさを兼ね備えた、まさに理想的な米なのです。